不思議現象(ヒノエ×望美)

ヒノエ×望美, 二次創作, 遙かなる時空の中で3
ある朝のことでした。 昨日は、ヒノエ君の腕の中で眠ったはずなのに、目が覚めたら、ヒノエ君はいなくて。 「ヒノエくん・・?」 いつもは、待っていてくれるのに…。 でも、かけていた着物は置きっぱなし。その着物を引っ張って、引き寄せる。 「あれ・・・?」 そっと、着…
もっと読む

キスの意味(ヒノエ×望美)

ヒノエ×望美, 二次創作, 遙かなる時空の中で3
「キスってそんなに簡単にするもの?」 急にポツリとそんなことを言い出す自分の妻を、ヒノエは大して気にした様子もなく見つめる。 “キス”というのは、口付けのことだと、以前望美が言っていたっけ。 「いいじゃん、愛情表現だろ?」 なんてことはない。と軽く流すヒノエに…
もっと読む

君には内緒(ヒノエ×望美)

ヒノエ×望美, 二次創作, 遙かなる時空の中で3
「お前の心が決まるまで、オレはここにいるよ。」 そう言って、望美の住む世界に居るようになってから、早数ヶ月。 バレンタインだとかホワイトデーだとか、姫君達が心躍る行事も経験した。 望美との仲も、順調…と、言いたいところだが。 「何か、変なんだよなぁ。」 望美の…
もっと読む

破られない約束(弁慶×望美)

二次創作, 弁慶×望美, 遙かなる時空の中で3
部屋にさしこむ光に、望美はうっすらと目をあける。 夢うつつなまま、弁慶の姿を探す。 けれど、弁慶はすでに寝所にはいない。 「弁慶さん…?」 眠たげに呼ぶ声に、返事はない。 望美は、ゆっくり体を起こすと、眠気を吹き飛ばすように、思い切りよくのびをする。 「んーっ…
もっと読む

知りたい心(弁慶×望美)

二次創作, 弁慶×望美, 遙かなる時空の中で3
――平家を追いかけていって、弁慶さんの冷たい一面を見た。 何事もなかったように振舞う弁慶さんの心は、どんななんだろう? 「あれ?九郎さん。弁慶さん、どこかへ行ったんですか?」 道を歩いていて、弁慶の姿が見えないのに気づいた望美は、九郎に声をかける。 「弁慶なら…
もっと読む