あなたに贈る(彰紋×花梨)

二次創作, 彰紋×花梨, 遙かなる時空の中で2
京を救い、彰紋君と共にこの世界に戻ってきた時、季節はまだ秋だった。 私が、京に飛ばされたあの日のまま。 それから、もう半年近く。 季節は…バレンタイン。 「うーん。どうしようかなぁ?」 バレンタインまであと1週間。 世の中はすっかりバレンタインモード。 様々な…
もっと読む

寝言(彰紋×花梨)

二次創作, 彰紋×花梨, 遙かなる時空の中で2
「彰紋君遅いなぁ…。」 寝所にごろりと大の字に寝転がりながら、花梨はぼやく。 『今宵は、遅くなりそうなので先に休んでいてください。』 そういう彰紋からの言伝を女房から受け取ったのは、夕方のこと。 いつもなら、遅くても夕餉には戻ってきた彰紋は、言伝の通り、 月が…
もっと読む

十六夜(彰紋×花梨)

二次創作, 彰紋×花梨, 遙かなる時空の中で2
幻夢…奇跡… それらが、現身とならぬなら、僕が彼女に会う事もなかったでしょう。 疲弊した京に舞い降りた、美しき天女。 あなたに出会ったのは、もう3ヶ月も前のこと。 あなたに出会い、八葉となり、あなたと共に過ごしていた日々。 それは、本当に早い日々で。 あっとい…
もっと読む