君恋(火原×日野)

「おれ、情けない。。」
本当何やってんだろう。
ようやく試験も終わったのに、まさか、風邪ひいて熱出すなんて。
試験中、徹夜しちゃったり、まぁあんまり体によくないことはしていたけど。
「あぁあ~。今日は香穂ちゃんとデートだったのに。」
試験前、あんなに盛り上がって、香穂ちゃんも張り切ってくれてたのにな。

遡ること、2週間前。
おれは試験前で、香穂ちゃんは期末が終わった後、二人でデートしてた時の話。

卒業してなにが寂しいって、香穂ちゃんに毎日会えないこと。
あと、大学生って高校生と結構予定が合わない。
「試験の日程も違うしなぁ。」
「和樹先輩は、これから試験なんでしたっけ?」
「そう~。おれ、試験って本当苦手。」
「がんばってください、和樹先輩!」
「うん!」
7月中旬の今、香穂ちゃんは期末も終わって、すっきりした顔。
大学生のおれは、これから試験で憂鬱気味。
「試験近いと、余計に会えなくなっちゃいますよねぇ。」
「う~ん。大丈夫!会おうよ!」
「へ?!」
「ほら、大学生って時間に融通きくし!ね!ね!」
ただでさえ、香穂ちゃん試験だからって会えなかったのに、これ以上は無理!
試験は大変だし、単位とかもあるけど、受験ってわけじゃないもんね。
うきうきと香穂ちゃんの答えを待っていると、香穂ちゃんは難しい顔。
「ダメですよ、和樹先輩。」
「へ?」
香穂ちゃんの言葉に、きょとんとする。
「大学生って、単位とか大変なんでしょう?私の試験中は和樹先輩が我慢してくれてたんだし、私も我慢します。」
ついでに、柚木先輩も大変て言ってたし・・・って、付け足された。
今回ばかりは、恨んじゃうよ?柚木。
「で、でもさ。」
「大丈夫です!受験の時に比べれば!」
ものすごい笑顔の香穂ちゃん。
おれが、香穂ちゃんに会いたいんだけどなぁ。
う~んとうなってると、香穂ちゃんが心配そうにのぞき込んでくる。
「和樹先輩?そんなに試験大変なんですか?」
「いや、試験っていうかなんていうか。香穂ちゃんに会えなくなるなって。」
「それは私も寂しいですけど。」
う~んと、今度は香穂ちゃんが考え込む。
「そうだ!和樹先輩。」
「ん?何?」
「試験終わった次の日にデートしましょう♪」
「うん。いいよ。」
「それで、その時、私がとびっきりのサプライズを用意します!」
「え?マジで?!」
「はい!楽しみにしててくださいね!」
「うん!楽しみにしてる!ありがとう香穂ちゃん。」
うん。これを楽しみに、試験頑張ろう。

「頑張った結果が、これじゃぁなぁ。」
もう、溜め息しか出てこない。
香穂ちゃんには、さっきごめんねってメールをした。
無理してでも会いに行きたいけど、香穂ちゃんにうつすわけにはいかない。
香穂ちゃんから返信もこないし、怒ってるかな~?
そんなこと考えながら、ボーッとしてたらいつの間にか寝ちゃってた。

額にひんやりした感覚があって、目を覚ます。
「ん~?」
「あ、和樹先輩。起こしちゃいました?」
ボーッとした頭で、ベッドのそばにいる人を目に留める。
「あれ~?香穂ちゃんが見える。」
「本人ですよ。大丈夫ですか?和樹先輩。」
「え!?わ!え。な、なんで?!」
なんで、香穂ちゃんがここにいるんだろう。
確かに、家に来たことはあるはずだけど、でも、なんで。
「実はですねぇ。」
香穂ちゃんの話によると。
おれからメール貰った頃には、家を出ていて、駅前に居たらしい。
で、どうしようかと思っていたら兄貴に会って、家まで来た・・・と。
「そんなわけで、来ちゃいました♪」
にっこりと笑う香穂ちゃん。かわいい。
じゃなくて!
「う、嬉しいけど、うつっちゃうよ?」
「大丈夫ですよ。それに、渡したいものもあったし。」
そういうと、香穂ちゃんはおれに小さな袋を渡す。
「あけていい?」
「どうぞ。」
中身は、フルーツゼリーとチョコチップクッキー。
「わ。おいしそう。」
「ちなみに、両方手作りですよ。」
「本当に!?すごいうれしい。ありがとう、香穂ちゃん。」
「どういたしまして。」
そう言いながら、香穂ちゃんはじーっとおれを見てる。
「香穂ちゃん?どうかした?」
「和樹先輩の笑顔、好きだなぁと思って。」
「へ?」
にこにこと香穂ちゃんは笑っている。
おれは、びっくりして声もでない。
「和樹先輩。ちょっと、目閉じててください。」
「ん?なんで?」
いいからいいからと促されて、目を閉じる。
唇に、柔らかい感触。
「か、かほちゃ・・・。」
多分おれ、今顔真っ赤だと思う。
「サプライズ。成功しました?」
「うん。なんか今日、ずっと香穂ちゃんに驚かされてる。」
でも、されっぱなしはちょっと悔しい。
だから、香穂ちゃんの腕を引っ張って、抱き寄せる。
それから、今度はおれからキス。
香穂ちゃんの顔が、ほんのり赤くなる。
「ありがとね、香穂ちゃん。」
風邪ひいたのは予定外だったけど、でも、まぁよかったかな。

初公開:2010年7月21日
再録:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です