shockingLOVE, 中編, 小説

Shocking☆LOVE 4話目

「ホワイトデー」

今日は三月十四日、日曜日。
怒涛の期末試験も終わり、学校もなく、部活もなく。
加えて、春の気配を感じさせるほどに暖かく、いい天気。
ベッドでごろごろと惰眠を貪っていても、誰にも文句を言われない。
そう、それはそれは穏やかな休日……。
「ゆーきー!! 」
叫び声と同時に、バンッと勢いよく――そりゃもう扉が壊れるんじゃないかと思う程勢いよく、
俺の部屋の扉を開けたのは、幼馴染兼俺の彼女の本村鈴だ。
(あぁ、穏やかな休日終わった……)
そんなことを思いながら、のっそりとベッドの上に体を起こす。
「おはよ、鈴」
「『おはよ』じゃなーい! 」
鈴は誰にでも愛想がいいし、人当たりも良い。
素直で可愛げがある奴なんだが、俺にはどうも怒りっぽい。
こうして、俺の部屋に怒鳴りこんでくることもよくあることだ。
「朝から何?まだ九時じゃん」
ベッドヘッドにある時計をちらりと見ながら、思い切りよく伸びをする。
朝から鈴が来る事なんてしょっちゅうだし、大して慌てることじゃない。
長い付き合いだし、慣れたものだ。
「祐樹。今日何月何日? 」
「あ?三月十四日」
「そう!今日は何の日!? 」
扉辺りにいたはずの鈴は、いつの間にやらベッドまで来ていて、
ベッドに四つん這いになって、ぐいと俺の方に顔を向けている。
いや、その体勢はなんかよろしくない。非常によろしくない。
(胸見えてるし……)
「鈴。とりあえず座れ」
「いいから答えて! 」
「いいから座れ」
「なんで? 」
「胸見えてる」
一応、顔を明後日の方へ向けてぼそりと呟くと、
鈴は小さく悲鳴を上げて慌てて座りなおしている。
「えっち!変態! 」
「いや、今の俺悪くないだろ!で、朝からどうしたの? 」
鈴はぎろりと俺を睨むと、勢いよくしゃべりだした。
いや、しゃべるというよりは、叫び出したと言った方が正しい位の勢いで俺に言葉をぶつけてきた。
「今日は何の日?ねぇ一体何の日だと思う?私ら付き合ってどれくらい?ていうか、私達これ付き合ってんの?今までと変わらなくない?もう一ヶ月だよ?一ヶ月間なんの進展もないっておかしくない?初めてのホワイトデーなのに、何もないとかおかしくない?ねぇ、これどうなってんの? 」
一気にわっとしゃべって、叫び過ぎたのか勢いつけすぎたのか、
鈴の息が荒い。
(ホワイトデーねぇ……)
「とりあえず落ち着け」
ぺしっと軽く鈴の額を小突くと、鈴は恨めしそうに俺を睨んでくる。
確かに、付き合って一ヶ月。
いや、バレンタインデーに告白されて数日後に返事をしているので、
正確にはまだ一ヶ月経ってないんだが、とにかくその一ヶ月これといっていつもと変わっていない。
今までと同じように、朝一緒に学校に通い、一緒に帰宅。
あとやっていた事といえば、休日に一緒に試験勉強した位で確かに何もない。
まぁ、時々鈴にねだられたり、自分からしたくなったりしてキスした位はあったかな?
黙ったまま記憶を回想中の俺の頭を今度は鈴が小突く。
「いって」
いや小突くというより、こいつ思い切りひっぱたきやがった。
「なんとか言いなさいよ! 」
鈴は相変わらず怒り心頭と言った感じで、俺を睨んでいる。
「いや、キスはしたしちゃんと恋人じゃん?」
「それ付き合った初日からしてるじゃん。進展じゃないし」
「うっ……」
そう言われると、確かに何も進展していない。
好きだと言ったのだって、返事したときだけだし。
いや、それは鈴も同じ気がする。
「お前だって別に『好き』とかいう訳じゃないし、変わってなくね? 」
「私がそんなしょっちゅう『好き』とかいうタイプに見える? 」
「そりゃお互い様だろ」
「うぅ……そりゃ、そうかもしれないけど」
怒り心頭と言わんばかりだった鈴は、今度はしょんぼりと落ち込み始めた。
(本当、表情ころころ変わるなぁ。まぁ、そこが可愛いんだけども)
「で、お前は結局何に一番怒ってるの?」
しょんぼりしている鈴の頭を撫でながら、本題を確認する。
色々言われてるけど、進展がない事についてはお互い様な感じがするし、
なんとなくそれに怒っている訳ではない気がする。
なんとなく、だけど。
「今日ホワイトデーなんだけど」
「そうだな」
「それだけ? 」
「ん?何が? 」
「バレンタインにチョコあげたじゃん」
「俺もあげたじゃん。ちょっと遅れたけど」
「……」
「……」
お互い黙ってしまって、なんとなく気まずい空気が流れる。
しばらくすると、鈴は大きく溜息をついて、
俺の横に来るようにごろりとベッドに寝転がった。
「はぁ……そうだよね、祐樹ってそういう奴だよね」
鈴はうだうだとベッドに転がりながら、俺のTシャツを引っ張ってくる。
これもいつものこと――というか、よくあることなんだが、
付き合いだした今、止めて欲しいと思うのは俺だけだろうか。
(付き合いだしたら急に女に見えるから不思議だよなぁ)
寝転がった鈴の頭を撫でたり、髪を梳いてみたりしながら、なんとなく時間を過ごす。
「ねぇ、ホワイトデーだよ?お返しは? 」
拗ねたように頬を膨らませて、鈴が俺を見上げる。
「じゃ、デートでも行くか。クレープでもおごってやろう」
拗ねて膨らんだままの鈴の頬を指でつつきながら、答える。
「何その上から目線」
「いつものその辺の飴よりは進展してるだろ」
そう言いながら、なんとなく鈴の頬にキスをする。
途端に鈴は顔を赤くして、がばっと起き上がる。
それから、顔を隠すように髪をいじったりして、照れ隠ししている。
キスするだけでこうなのに、その先進もうなんて思えないのは俺だけだろうか。
(進展と言われてもねぇ)
元々、ほぼ毎日一緒に過ごしている訳で。
これ以上の進展というのも、中々難しいというのが俺の言い分だ。
「ほら、着替えたら行くから下で待ってろよ」
「はーい。早くしてよ」
「へいへい」
鈴を追い出してから、身支度をし始める。
鞄に携帯だの財布だのを放り込みながら、そっと机の引き出しを開ける。
中には、鈴にあげようと思って買ったプレゼントがある。
ホワイトデーを忘れていた訳じゃない。
ただ、いつものように鈴が怒鳴りこんでくるホワイトデーを過ごしたかっただけだ。
鈴が来なければ来ないで、ホワイトデー兼一ヶ月記念だとか言って、こっちから驚かしてやろうと思っていた。
「これどうすっかなぁ」
鈴には、クレープをおごると言ったし、今日渡さずとも一ヶ月記念に渡してもいい。
「ゆーきー!遅いー! 」
階下から鈴の叫ぶ声が聞こえる。
一緒にわずかに聞こえるのは、多分俺の母親の声だろう。
「今行くって! 」
そう叫んで、部屋を出て階段を駆け降りる。引き出しはそのまま閉めた。
今日は鈴と過ごせるわけだし、どうせなら鈴の驚いた顔を見たい。
それなら、やっぱり渡すのは今日じゃない方がいい。
今度鈴の驚いた顔が見れるなら、今日の鈴のワガママなんて安いものだ。
今日は思いっきり拗ねさせて、その穴埋めは数日後。
鈴がどんな顔をするか、今から楽しみだ。
「お待たせ。行くか」
玄関に突っ立っていた鈴の手を取って、玄関の扉を開ける。鈴は一瞬驚いた顔をしていたけど、すぐ笑顔になった。
「ねぇ、クレープならリヨンのクレープがいい」
「わかってるって。ついでに遊園地でも行く?」
「うん! 」
さぁ、騒がしい休日の始まりだ。